TS−830S 受信音対策
現状把握
 TS-830を受信してみると、ちょっと歪っぽく低音が足りません。
ファンクションジェネレータで計測すると低音は600Hz付近からずるずると低下。
高音も3kHZ頃からずるずると低下。

対策
スピーカーアンプ用のIC HA1368R(HITACHI) のデータシートをウエブで見つけ推奨回路図から5個のコンデンサーを交換。
そしてAF PRI AMP Q3のカップリングコンデンサ1点を交換しました。


TRIO TS-830S 取り扱い説明書よりコピー
結果
 ファンクションジェネレタで低周波特性を計測し、充分な特性を確認しました。
少々、ハイが伸びすぎの感がありますが音質調整ボリュームがありますの調整して聞いております。

当然、内臓スピーカは音質は良くないので、外付けのスピーカで聞いております。

TS-830レストアへ戻る
JA0CRI トップページへ
inserted by FC2 system